簿記の知識は社会人にとっての「教養」

簿記とは

本サイトではこれまで、宅建、行政書士、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーと4つの人気国家資格をご紹介してまいりました。
ここまで読み進められてきた皆さんの中には、
「まだ具体的な目標が定まっていないから、そこまで専門性を高めてしまってもなぁ」
「国家資格にこだわらずとも、あらゆるビジネスで“使える”資格が欲しいな」
とお考えの方も少なくないかもしれません。

 国家資格ではないものの、人気の資格のひとつとして最後にご紹介しておきたいのが、「簿記2級」です。経理や会計に関する一般的な知識、さらには財務諸表の読み解き方、基礎的な経営状況の把握や分析を行えるスキルを習得する簿記試験は、皆さんがこの先どんな仕事に就くにせよ、必ず役に立つ知識であると言えます。とりわけ簿記2級は、ビジネスで通用する知識レベルの証明となる重要な資格。スキルアップを目指す皆さんにとっては、取得しておいて必ず損はありません。

 さて、ひと口に「簿記2級」といっても、具体的にどのようなことを学ぶのか、そして取得することでどんなメリットがあるのか、いまいちピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。このページでもすでに「ビジネスの基礎」「取得しておいて損はない」とお話ししていますが、実際にはどうなのか、気になるところだと思います。

簿記2級試験で学ぶのは、大きく分けて「工業簿記」と「商業簿記」の2つのカテゴリです。それぞれの内容について、日商簿記試験の公式ホームページでは次のように解説されています。

・商業簿記
購買活動や販売活動など、企業外部との取引を記録・計算 する技能で、企業を取り巻く関係者(経営管理者・取引先・出資者等)に対し、適切、かつ正確な報告(決算書作成)を行うためのものです。

・工業簿記
企業内部での部門別や製品別の材料・燃料・人力などの資源の投入を記録・計算する技能で、経営管理に必須の知識です。

http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/class2より)

上記を習得することで、正しい帳簿作りをすることが出来るようになる、コストや収益率を意識できるようになる、会社の経営状況を分析・把握できるようになるといったメリットが期待されます。一般的には、企業の経理部門での活躍が見込める資格ではありますが、ビジネスにおける基本的な数字の読み取りが可能となれば、営業や企画、広報等、部署を問わず知識を活かすことが出来るのではないでしょうか?

あまり専門範囲を限定することなく、しかしながら高度な専門知識を示す簿記2級。
実は非常に使い勝手の良い、マルチな実用的資格であることは言うまでもありません。